見逃せない「建築」のメッカに

掲載日:2008年12月20日

おしゃれやグルメ系だけでなく、最近では大新聞が「代官山」関連の話題を掲載する機会が増えてきた。2008年12月7日の朝日新聞では「大正の和風建築 重文を彩る」として 槍が先交差点の近くに今年6月にオープンした朝倉邸が美しい紅葉に囲まれたカラー写真で紹介された。12月14日には日本経済新聞の1面「春秋」欄に、重要文化財、朝倉邸が地元の人々が手弁当で保存運動を行い、6年がかり貴重な地域の資産としてが保存されたいきさつに触れている。続いて12月19日の朝日新聞(夕刊)では、代官山ヒルサイドテラスで行われている「ヨーロッパ・アジアパソフィック建築の新潮流2008~2010」展のことが大きく紹介されている。大正期の住宅からヒルサイドテラスを含めたこの周辺は見逃せない建築や環境保全のメッカになってきたようだ。

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.