「ラ・フェンテ代官山」に『Oilily代官山』がオープン。

掲載日:2008年11月10日

『Oilily(オイリリー)』は、1963年オランダでキッズブランドとして誕生。「オイリリーカラー」とも呼ばれる鮮やかな色彩とこれまでにない新しいデザインでおしゃれなママ達から愛され続けてきた。さらに、1986年からはレディースウェアも展開。これは『Oilily』の服を着て育ったこども達が大人になっても『Oilily』の服を着たいという強い要望から生まれたことのようだ。また最近では、そうした世代が子を持つようになり、今度はこどもと一緒に『Oilily』の服を着るといったかたちでファンを拡大。レディースコレクションも強化されている。その『Oilily』が、10月11日、八幡通り「ラ・フェンテ代官山」の1階に国内初となる旗艦店をオープンした。『Oilily』は、世界40ヶ国に展開。旗艦店は全店共通した特徴をもってつくられている。例えば、商品の陳列に使用されている棚は、オランダの古家具をリメイクしたもの。これは全ショップに共通するもので、オランダから送られてくる古家具を、ショップスタッフがその場の発想で自由につくりだしていく。代官山店についてはオランダから招かれた職人が担当した。商品のディスプレイも“整理して置く”だけではなく、一つ一つに遊び心を持たせ、店全体でOililyのブランドイメージを表現している。また一方では、代官山店独自の試みもある。仕切りを設けているわけではないが、キッズとレディースにゾーン分けされたウィンドウには、レディースのエリアに限りフリーのアートスペースが設けられている。特別な案内はなく、見る人によっては通常のディスプレイの一部と思ってしまうかもしれない。こうした発想もまた、アート性に優れた『Oilily』ならではの興味深い仕掛けだ。『Oilily』がオープンした「ラ・フェンテ代官山」は、有名キッズ関連ショップが多数出店しているほか、オムツ替えシートを備えた授乳室が完備されていることで近年代官山を訪れるママ達に人気のスポット。『Oilily』のオープンにより、ますますその人気は高まりそうだ。 Oilily代官山渋谷区猿楽町11-1/03-3476-4009 shopdata ラ・フェンテ 代官山渋谷区猿楽町11-1ラ・フェンテ代官山B1F/03-3462-8401(管理事務所)/物販11:00~20:00、飲食11:30~翌3:00 ※ 店舗により異なる/無休(元旦除く) 地図などの詳細はこちら

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.