「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表発表会、開催

掲載日:2008年01月23日

来年1月に開催される「ボキューズ・ドール国際料理コンクール2009」に参加する日本代表を選ぶ最終審査が1月19日に行われ、佐々木康二シェフ(ハウステンボスホテルズ迎賓館エリタージュ料理長)に決定しました。 1月21日、代官山フォーラム内の日本におけるボール・ボキュースの本店である「レストラン「メゾン・ボール・ボキュース」で行われた日本代表発表会では、平松宏之日本ボキューズ・ドール委員会審査委員長(株式会社ひらまつ代表取締役)から賞状等が授与され、以前になく実力伯仲であり日本のフランス料理のレベルがあがってきたなどの講評がありました。尚、佐々木シェフは、5月には中国・上海で開催されるアジア予選に参加し、2009年1月フランス・リヨンで開催する「ボキューズ・ドール国際料理コンクール2009」にむけて、一年をかけてトレーニングを積むこととなります。

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.