【レポート】代官山インスタレーション2007 vol.1

掲載日:2007年11月05日

代官山インスタレーションは、“散歩しながら楽しめるアート展”。今年も街の景観や地域性をいかしつつ作家自身の詩情を織り交ぜた力作がそろっています。代官山ホームページ・代官山トピックスでは、「代官山インスタレーション2007」の作品を3回に分けて全作品をレポート。代官山を訪れる際には、ぜひ実物を見に立ち寄ってみてください。 1)代官山の心臓場所:代官山駅 改札外コンコース作家:押忍!手芸部代官山駅正面口の改札を出てすぐ、普段は四方にフラッグが飾られている天井に、大きなハートが出現。これ、何で出来ているように見えますか?答えは実際に作品を見に行ってみましょう! 2)代官山と放課後場所:ヒルサイドテラスC棟階段下作家:佐本雅弘(千葉大学大学院工学研究科建築専攻)、牛島隆敬(同)、羅靖(同)、天野由佳(千葉大学工学部建築専攻) 「TOM'S SANDWICH」や「クリスマスカンパニー」、「caramel baby&child」など代官山の人気ショップが軒を連ねるヒルサイドテラスC棟。その階段下の小さなスペースにできたバスケットエリア。学校帰りの学生たちが集う姿が見えてきそうです。 3)うつしかがみ場所:ヒルサイドテラス茶室周辺作家:石塚沙矢香(アーティスト)木々の間からつり下がるたくさんの鏡。この場所の過去と未来、訪れた人自身を見つめなおすという意味がこめられているそうです。色合いや様々な形、大きさの鏡がなんとも幻想的。 4)Ladybug 場所:デンマーク大使館エントランス作家:STORE MUU design studio ヨーロッパではてんとう虫は幸運を呼ぶ昆虫とされているそうです。この作品には「このてんとう虫を見たすべてのひとに幸運が訪れますように」そんな願いがこめられています。“パブリックアート史上おそらく最も小さな作品”ともいわれているこの作品。本当によーく見なければ見つけられません。それも幸運と一緒かもしれませんね。ここから先はまた次回のレポートで。レポートより先にご覧になった方は是非I Love Daikanyama!BBS(PCのみ)に感想などお寄せください。また、代官山インスタレーションは関連企画もいっぱい。今週開催されるのはこちら。 ●ドローイング展・ 11月10日(土)-25日(日)、ヒルサイドウエスト ●代官山かくれんぼ・プレビュー試合(体験会)・11月10日(土)13:00-16:00、猿楽小学校校庭・一人あたり100円(レクリエーション保険代)・申込みなどの詳細は公式ホームページをご覧ください

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.