フランスでの受賞作品「カロッス」を展示

掲載日:2007年07月09日

蒼山日菜は、フランス在住10年。2000年からハサミ一本で切り抜くレース切り絵を制作し、光にのり、空気にとける、緻密でいて繊細な、彼女の作品は、フランスにて「レースのような切り絵」と評され、 多くの人を魅了してやみません。「カロッス(※フランス語で馬車の意味)」は、2007年、フランスの「オンフルール HONFLEUR サロン・デ・アーティスト・コンテンポラン(コンテンポラリー)2007」の切り絵部門で優秀賞・展覧会総合2位を受賞した注目の作品。また、彼女の「カンヌ国際展覧会 世界のアートと文化展 2006」で金賞を・2007年の「トリエンナーレ・パルメール・ドゥ・グラン・プリ・デ・ディスタンクション・フランセ・エ・エトランジェ」で銀賞を受賞した「ヴォルテールの哲学シリーズ ~ロマンス『カンディッデゥ』の一節~」も店内にあわせて展示されています。ちなみに、「カロッス」は200万円とのこと。この作品の購入は無理でも、この他、彼女の繊細なレース切り絵の小作品もがいくつか展示販売されています。

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.