『NPO法人代官山ステキ総合研究所』が運営する代官山の「地域ポータルサイト」
暗闇坂(目切坂) クラヤミザカ(メキリザカ)
 
暗闇坂(目切坂)
日差しをさえぎるほど繁った木々のおかげで、真夏でもここは涼しく感じられます。昔は今よりも鬱蒼としていたのでしょう、そこでついた名前が「暗闇坂」。別名として「目切坂」「しめ切り坂」ともいわれたようです。目切坂はかつてここに石臼の目を切る職人が住んでいたことに由来しています。石は目と呼ばれる部分に刃物を当てて打つと容易に割れることから、目切りと呼ばれたようです。この坂は「関東の富士見100景」にも選ばれており、富士山がきれいに見えたところなのでしょう。代官山駅方面から目黒川を渡って中目黒駅方面に抜ける貴重な散歩道、緑のトンネルです。
名称
暗闇坂(目切坂)
所在地
代官山交番前交差点付近[地図]
最終更新日:2010年03月27日
NPO法人代官山ステキ総合研究所
ステキ総研団体正会員
ステキ総研が発行する「代官山新聞」
代官山新聞のイメージ
広域代官山の文化地誌と代官山名所旧跡マップ。
代官山ヒルサイドテラス オーナーズウェブ