セミナーシリーズ 「キューバ学校」第2期 第2回「キューバ映画と配給、ここだけの話」

掲載日:2009年06月15日

キューバ映画の秀作『永遠のハバナ』『低開発の記憶』などの輸入・配給を手がけてこられた比嘉さんに、作品の選択・配給・上映に関わる、とっておきのお話をうかがいます。お話の内容は、以下のように多岐にわたる予定です。またとない機会です。●キューバとの出逢い ●新ラテンアメリカ映画祭にみるハバナの人々 ●キューバ映画の50年とその魅力 ●なぜ、配給するのか?~「永遠のハバナ」秘話 ●現代キューバ映画事情~映画芸術産業庁(ICAIC)とインディペンデント監督たち ●キューバを視る「キューバ映画祭2009」作品紹介 ●なぜに選んだこの映画?!講師:比嘉 世津子比嘉 世津子(ひがせつこ) プロフィール 1959 年生。関西外国語大学スペイン語学科卒。在学中にメキシコ・ケレタロ自治大学に1年公費留学してから人生を踏み外し、アメリカ、メキシコ、ケニアと渡り歩いて、1989年に帰国。その後、フリーでスペイン語・英語通訳、翻訳をしながらアングラ芝居で舞台に立つ。 1999年(有)アクション設立。2003年新ラテンアメリカ映画祭初参加。そこで出会ったキューバ映画「永遠のハバナ」を初めて買付、配給。 2006年「メキシコ・ドキュメンタリー映画祭」「キューバ映画祭2006」主催。2007年「低開発の記憶~メモリアス~」(キューバ)2008年「今夜、列車は走る」(アルゼンチン)を配給、 DVD製作からテレビ放映権営業まで行 いながら現在に至る。1992年から週一度、NHKワールドニュース・スペイン国営放送の通訳。翻訳本に「グッド・ウイル・ハンティング」「ジェームズ・キャメロン/映画と人生」(共に愛育社)。2009年9月26日からユーロスペースにて「キューバ映画祭 2009」主催。■主催キューバネットワーク■予約・お問合せキューバネットワークcuba_net@cyber.ocn.ne.jp  TEL&FAX:03-3396-7116 開催期間2009年06月27日(土)開催時間15:00~18:00 料金1000円会場ヒルサイドテラス アネックスA棟

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.