セミナーシリーズ「人生に大切なことはすべて絵本から教わった」 Part 2

掲載日:2009年01月08日

第3回「女性の生き方を考える―ねずみ女房を入り口にして」ルーマー・ゴッデンの「ねずみ女房」という本をご存知でしょうか。あるところに、一ぴきの小さなねずみ女房がいました。そのねずみは、ほかのねずみとちがっていました。ねずみ女房は日常を引き受、日々を丁寧に生きる一方でその目は遠くをも見ていました。鳥かごの中に捕われていた鳩を通して知った、遥かなものへのあこがれを年取るまで手放すことはなかったのです。おばあさんになったねずみ女房は、見かけは,ふつうのねずみたちと同じでした。でも,どこかやはり、ちょっと変わっていました。ほかのねずみの知らないことを知っているからだと思います、と作者は言います。絵本やその世界には、なんとすてきな女性たちが関わってきたのだろうかと思います。「ちいさいおうち」の作者ヴァージニア・リー・バートン、 70歳になってから絵を描き始めた英国のヘレン・ブラッドレイ、大勢の家族を養うために絵本を描き続けたバーバラ・クーニー、ウイリアム・モリスの時代に弱視だったために画家になるのをあきらめて園芸家になったガートルード・ジャキル、世界中の編集者の尊敬を集める名編集者マーガレット・マッケルデリー・・・などなど。講師・案内人:末盛千枝子(日本児童図書評議会副会長/「すえもりブックス」代表)日時:第3回 1月15日(木)10:30-12:00会場:ヒルサイドカフェ (ヒルサイドテラスF棟/東急東横線代官山駅から徒歩3分)会費:2500円(ランチ、ドリンクつき) ※ランチは、ヒルサイドパントリーとヒルサイドカフェが共同でご提供します。※ランチはレクチャー終了後となります。ランチがご不要の方は2000円となります。協力:アップリカ代官山店、キャラメルベビー&チャイルド、プチバトージャパン代官山予約・お問い合わせヒルサイドインフォメーション TEL: 03-5489-3705末盛千枝子 プロフィール1941年生まれ。絵本の編集者を経て、88年すえもりブックスを設立。以後、まど・みちおの詩を皇后美智子様が選・英訳された『どうぶつたち・THE ANIMALS』、98年ニューデリーでの皇后美智子様の講演録『橋をかける-子供時代の読書の思い出』の他、国内外の絵本等を出版。独自の価値観による出版を続けている。開催期間2009年01月15日(木)開催時間10:30~12:00~12:00 料金本文をご確認ください会場ヒルサイドカフェ「ヒルサイドカフェ」に関する地図・営業時間などの詳細はこちら

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.