ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流2008-2010

掲載日:2008年12月04日

「建築の新潮流」は、ヨーロッパと日本の将来を嘱望される若い建築家を紹介する展覧会とシンポジウムを、欧州文化首都と東京で開催し、建築という総合芸術を介し、異なる地域と文化の交流と対話を深め、ネットワークをつくっていくことを目的に、在日EU加盟国文化報道参事官グループの発意により「日本・ヨーロッパ建築の新潮流」として2001 年に始まりました。2000 年に提唱された「日欧協力の10 年」の呼びかけを受けて構想された本プロジェクトは、その後、「ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流」としてアジア・パシフィックへと拡大し、これまで17の都市で開催されてまいりました。槇文彦、伊東豊雄、原広司、アルバロ・シザ、アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ドミニク・ペロー、ヴィニー・マース、山本理顕等、世界を代表する建築家がコミッショナーをつとめ、またこのプロジェクトに日本から参加した建築家は16 組に及びます。参加アーティスト:本プロジェクトは、今回で第5 回となり、ひとつの区切りを迎えます。今回は、伊東豊雄、ピーター・クック両氏をコミッショナーに迎え、2010 年にEU 加盟が予定されているトルコも含め、15 カ国15 組の建築家が選ばれました。12 月5 日よりヒルサイドテラスで開催される東京展を皮切りに、アジア、ヨーロッパ各都市を巡回する予定です。この記念すべき第5 回東京展のシンポジウムには、伊東・クック両コミッショナー、出展建築家に加え、槇文彦、原広司氏をはじめとする過去4 回のコミッショナー、出展建築家も参加、豪華な顔ぶれが揃います。本プロジェクトでうまれたネットワークと経験と思想の共有の場をさらに次の段階に発展させるための大いなるステップとしていきたいと思います。【オープニングレセプション】日時:2008年12月5日(金) 19:00-20:30会場:ヒルサイドプラザ【シンポジウム】日時:2008年12月6日(土) 10:00-18:30会場:ヒルサイドプラザ入場料:5000円 要予約(昼食会参加の場合は6000円) 定員:150名出演者:第5回コミッショナー+出展建築家、歴代コミッショナー+出展建築家■主催「ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流」実行委員会■助成国際交流基金、大和日英基金、オーストラリア大使館、オーストリア大使館、ノルウェー大使館、フランス大使館他■ コミッショナー伊東豊雄、ピーター・クック■名誉アドバイザー槇文彦、アルヴァロ・シザ■ディレクター北川フラム■お問い合わせ「ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流」実行委員会事務局TEL : 03-3476-4868 FAX:03-3476-4874E-MAIL : tsuruya@artfront.co.jp 開催期間2008年12月05日(金)~2008年12月21日(日)開催時間11:00~19:00 料金一般:500円(中学生以下無料)会場ヒルサイドフォーラム「ヒルサイドフォーラム」に関する地図・営業時間などの詳細はこちら

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.