アトミック・サンシャインの中へ―日本国平和憲法第9条下における戦後美術

掲載日:2008年07月24日

現在、その存在を問われている憲法9条。戦後の国民・国家形成の根幹を担った、世界に類をみない平和憲法に、美術という表現を通して反応したアーティストたちの作品を展観する本展が、ニューヨークに続いて開催されます。憲法9条の成り立ちや、そのために日本が直接交戦による犠牲者を出してこなかった意義を多角的な視点から考えます。出品作家:ヴァネッサ・アルベリー、エリック・ヴァン・ホーヴ、松澤宥、森村泰昌、オノ・ヨーコ、照屋勇賢、柳幸典他【記念シンポジウム】日時:2008年8月6日(水)会場:ヒルサイドフォーラム■主催同展実行委員会■お問い合わせヒルサイドギャラリーTEL : 03-5489-1268 開催期間2008年08月06日(水)~2008年08月24日(日)開催時間11:00~19:00 休館日月料金入場料500円会場ヒルサイドフォーラム「ヒルサイドフォーラム」に関する地図・営業時間などの詳細はこちら

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.