セミナーシリーズ 「キューバ学校」第2期 第3回 「文学を通して見るキューバ革命」

掲載日:2009年09月18日

キューバ革命の勝利が、ラテンアメリカ全域での文学的活況をもたらしたことは疑い得ない事実です。ガルシア=マルケス、バルガス=リョサなど、各国で数多くの作家たちが斬新な作品をもって1960年代に登場し、ラテンアメリカ文学の「ブーム」という現象がもたらされます。他方、キューバの作家たちは、革命の現実といかに渉りあったのか。革命と一体化した作家、やがて革命過程に疑問を抱き、離反し、作品の執筆・公表を禁じられる作家、亡命作家―さまざまなあり方がそこには生まれます。 19世紀末キューバの詩人、思想家、独立運動家=ホセ・マルティの研究者でもある柳原さんに、「キューバ革命と文学」の関わりについて、多面的にお話いただきます。 ■講師柳原孝敦(東京外語大学准教授)1963年鹿児島県名瀬市(現・奄美市)生まれ。法政大学助教授、ベネズエラのロムロ・ガリェーゴス・ラテンアメリカ研究センター客員研究員を経て、現在、東京外国語大学准教授。ラテンアメリカ文学・思想・文化論。著書:『ラテンアメリカ主義のレトリック』(エディマン) ■主催:キューバネットワーク開催日 2009年9月26日(土)開催時間 15:00~18:00 会費 1,000円会場代官山ヒルサイドテラス アネックスA棟予約・お問合せキューバネットワークcuba_net@cyber.ocn.ne.jp TEL&FAX:03-3396-7116

information

サイト内に情報が登録されていません

もくじを閉じる
國學院大學
代官山ヒルサイドテラス
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
DAIKANYAMA T-SITE
スーパープランニング
LOG LOAD DAIKANYAMA
聖林公司
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
Urban Resort Group
senbado
none
Coby After School+
代官山ステキ総合研究所 団体正会員
東光園緑化
株式会社SERENDIPITY
| お問い合わせ | 入会案内 | 運営団体 |
Copyright (C) 2017 NPO法人代官山ステキ総合研究所 All right reserved.