イベント
更新日:2016年03月13日(日)

第12回フォーラム「代官山大学2016」


広域代官山エリアの地域価値を考える代官山ステキ総研(DSI)では、若い学生たち(5大学8本)の研究を聞く"代官山大学"を第1部とし、「和楽の演奏」をインターミッションに、第2部では"地域からの報告と提案"として代官山周辺の活動を伺います。
常に変化を続ける代官山の"地域価値"、世代を超え地域で考えるフォーラムです。お楽しみ下さい。

■プログラム
[第1部] 代官山大学の発表(18:05~19:40)
● 東海大学:指導教員 加藤仁美(工学部教授)
[1]「代官山地域の生活環境と地域社会の構造-居住者の生活景をめぐって-」
長峯真珠美
[2]「代官山地域におけるログロードを中心とした回遊性の実態」
城島佳奈
● 國學院大學:指導教員 田原裕子(経済学部教授)
[3]「代官山の子育て支援力」
末林拓真
[4]「代官山の強みを活かしたアートイベントの提案」
竹内達也
[5]「代官山エリアの回遊性に関する研究-T-SITEとログロード代官山を起点に-」
長尾沙津季、伊坂謙人、佐藤陸、津川祥子、鈴木大貴、澤田凌、安達圭音、高野冴子
● 東京都市大学:指導教員 末繁雄一(都市生活学部講師)
[6] 「代官山・自由が丘比較論2 -街路空間の特性評価-」志田佑輔、清水敦司、入谷哲矢
● 横浜国立大学:指導教員 野原卓(都市イノベーション研究院准教授)
[7] 「メインストリートを軸とした共有空間の広がりと街の魅力についての考察-旧山手通り周辺の空間要素に着目して-」
小山結子
● 工学院大学:指導教員 遠藤新(建築学部准教授)
[8] 「中目黒周辺における歩いて楽しいと感じる要素の調査研究」
市原宏美
◎ 意見交換会(19:40~20:00)
学生の代官山周辺に関する研究、提案を意見を地域の方々と意見交換します。
[第2部] 和楽の演奏:インターミッション(20:00~20:20・休憩含む)
「雅楽~演奏と楽器紹介」(15分)
國學院大學 山口耕司(エクステンション事業課長)と國學院大學・青葉雅楽会の皆さん
[第3部] 地域からの報告と提案(20:20~21:30)
●『中目黒駅高架下の再開発状況ほか』
東京急行電鉄株式会社 都市創造本部 開発事業部 副事業部長 太田雅文
●『広域代官山 SAKURA クリーン作戦2016』
株式会社スーパープランニング 村上記克
●『環六(山手通り)が生まれ変わる』
中目黒商店街連合会 事務局長 柏井栄一
●『渋谷ラジオ』の開設と桜丘周辺の開発動向について
渋谷駅前共栄会 副会長 佐藤 勝
●『飲食店向けインバウンド接客集客支援サービス Eater』
Tangerine株式会社 P・Manager  汲田宏司
●『深化する連続する緑の文化十字路』2020レガシー提案
DSI理事長 岩橋謹次
◎意見交換会(時間の許す限り21:30)まで

参加をご希望の方は、コチラ(PDF)をご確認ください