代官山の写真
event
広域代官山エリアの地域価値を多様に考える代官山ステキ総研(DSI)では、若い学生たち(6大学7テーマ)の研究発表・提案を聞く"代官山大学"を第1部とし、地域からのお知らせと「和楽の演奏」をインターミッションに、第2部では"ヒルサイド前史"と題した猿楽周辺の三田用水の歴史を、三田用水研究家・木村孝さんにご講演いただきます。 更に、第3部では発表学生との意見交換を行う、世代を超えた地域フォーラムです。...
設立趣意

「代官山ステキ総合研究所」は代官山の地域シンクタンクとして、平成16年4月1日に設立、「代官山ブランド価値」の維持・向上のため予備的活動をすすめてまいりましたが、 この度、特定非営利活動法人(東京都認証、平成17年9月16日)として活動することになりました。

代官山エリアは稀有な地域資源に恵まれ、ユニークな地域ブランド(地域価値)を形成してきましたが、渋谷駅周辺の「都市再生緊急整備地域」指定を始め、 エリア内外で大きな開発や変化の予兆が見え隠れし始めています。 同時に、代官山の地域ブランドの存在と成り立ちは、全国の街づくり関係者からの注目されており、新しい街づくりの先行事例として大きな関心を持たれています。

そのため、代官山ステキ総合研究所は、『広く一般市民を対象に様々な視点から「地域ブランド(地域価値)」を調査・研究し、地域の活性化と 情報化に資するコミュニティ・デザインの開発・提言などを行い、広く全国の街づくりに資すること』を目的に活動してまいります(定款第3条)。

第11回フォーラム代官山 代官山大学2015